配管の厚さをX線にて測定

株式会社川崎ロゴ

X線発生装置



X線調査状況X線発生装置

X線調査は、
X線発生装置とフィルムの間に測定物を置きX線写真を撮影するものです。
運転中でも測定可能。保温板金がある状態でそのまま撮影できます。
管理区域を十分設けるので安全に調査が行われます。
電源も100Vで身近のコンセントにて稼動します。
被爆の可能性を心配される方も居られますが、調査は国家試験合格者によって手順に従い安全に行われます。
調査は配管設備の場合主に継手を含んだ周辺を撮影する場合が多い。
口径が大きい場合は分割して撮影する場合もあります。
株式会社 川崎 営業技術課 川崎知明 電話087−865−1212
株式会社川崎お問合せ 株式会社川崎トップページへ