FRPによる構造物ライニング工事施工工程について、(積層ライニング)

株式会社川崎ライニングサービス部門

株式会社川崎ロゴ 施工工程
英文ページ
FRPライニング工事においては、施工条件によって、施工方法や要領が変わってきます。
厳しい条件(薬品タンク、高温タンク、振動するタンク等)に関しては、設計条件をお知らせいただければありがたいです。
下の施工工程は、標準施工の場合の一例です。

FRPライニング工事の施工工程について
1 :現場養生及び工事用機材設置仮設足場及び照明設備設置。換気装置・エアーラインマスク段取り。
2 :水抜き及び乾燥工程泥等を高圧洗浄し除去。大まかなスケール等を除去後乾燥。漏水箇所の確認。
3 :下地調整及び清掃壁面クラック、脱落部分補修及び止水作業。研磨作業。
4 :プライマー塗布コンクリートへの浸透性・密着性及び耐久性が良く、エポキシ樹脂との組み合わで安定した防水層を形成する。
5 :エポキシ樹脂塗布2液性樹脂を使用し、はけ・ローラで塗布。超軟質のFRP樹脂を使用するので、水槽表面との追従性が非常に良い。
6 :チョップドストランドマット
7 :エポキシ樹脂塗布
8 :トップコート塗布2液性樹脂を使用。着色した樹脂の使用でFRP樹脂の保護と共に外観上の向上を目的とする。
9 :乾燥及び養生
10:養生撤去及び後片付け清掃
11:通水及び水張り調整
目次ページ