建築設備に関する産業廃棄物の低減(管更生によるリフレッシュ)

株式会社川崎 建物改修工事における産廃排出低減について
Kawasaki ci.,ltd

建物の改修工事に伴って産業廃棄物がどうしても発生するため、
廃材処分に伴う費用と廃棄場所の確保には神経をつかうものです。
今までは気軽に廃材処分は業者にまかせて安心していましたが、これから将来に向かっては今までとは異なり業者から 高額の処分費の提示や、受取拒否等をされて慌ててしまうことも将来無いとは言えません。
様々な知恵を使い廃材を抑制し産廃量を出さないように対策を立てたり、
廃材が出てもリサイクルに廻すことは現在も実施努力をしていると思いますが、根本的な廃材を出さない考え方が必要です。
設備配管においては、
塩ビ配管や塩ビライニング鋼管が現在も良く使用されていますが、
将来塩ビ処分及びリサイクルがうまく動かなくなった場合 改修工事を請けにくくなる可能性があります。
新設物件よりも改修工事物件が多くなった近頃では、
容易に配管替えが出来ない箇所であるため長年置き去りにしていた箇所の修復が必要となり、
配管替えするにも建築的な廃材が多量に出る上、配管工事も容易でない場合が多い。
管更生(配管ライニング)を行うことで、産業廃棄物(産廃)を著しく低減することが可能となります。
※塩ビライニング鋼管の鋼管と塩ビを分離し分別が生じた場合、
廃材処分よりもリサイクルすることを考える必要があります。
既設塩ビライニング鋼管等の完全なリサイクル提案として管更生工事実施が近道と考えます。

トップページへ