水道水(飲料用)配管の現状


下記の写真はライニング鋼管を給水管に使用した場合の状況です。
設置地域:広島県内
設置期間:30年管
使用場所:給水配管
配管状況:外部からの著しい腐食は確認出来ず。
但し、管内は継手ネジ部分から赤錆が発生している
上部写真はネジ部の腐食が発生し、配管に衝撃が加わればネジが抜ける状態となっています。
下部写真は継手部分に錆が発生している状態です。
写真サンプル:給水配管内面状態
塩ビライニング鋼管端部錆状況(ネジ部腐食)
塩ビライニング鋼管接続ソケット内錆状況
給水配管の管材料としては、SGPや塩ビライニング鋼管が良く使用されています。上の写真は塩ビライニング鋼管を使用した場合の状況です。
塩ビライニング鋼管と言えども
管内はSGPと同様に接続部分(継手部分)腐食や錆(錆びコブ)が進行していきます。
赤水問題も生じます)
メイン配管と枝管が建物壁や床下に巡っており、人目につかない場合がほとんどです。
このため、配管替えでの改修工事の場合天井を落としたり、床はつりの必要が発生し、工事が大規模化していきます。
問題が大きくなると(腐食による漏水事故多発など)配管替えしか対処方法が無くなります。
早期の配管調査と対策立案が必要です。 管更生工事での対処範囲を増やすことで工事の小規模化がはかれます。
管更生ページ