見えないだけに調べないと分からないこと。

水道水(飲料用)配管内の錆状況

下記の写真はSGP(白)を給水管に使用した場合の状況です。
設置地域:広島県内
設置期間:30年管
使用場所:揚水配管
配管状況:外部からの著しい腐食は確認出来ず。
但し、管内は赤錆が発生し、二枚貝状の隆起物が形成されている
水質検査:飲料不適
写真サンプル:揚水配管内面状態


給水配管の管材料としては、SGPや塩ビライニング鋼管が良く使用されています。
下の写真はSGP管を使用した場合の状況です。
管内は腐食錆(さび)が進行しています。
錆は赤水を発生させるだけではなく、腐食(錆下)の部分は配管肉厚を減肉している状況です。
配管調査(老朽度調査)を行うことで設備の状況を把握し、 漏水事故等が生じる前に管更生工事(配管ライニング)を実施することで
大規模な配管替えを実施しなくても既存設備を長持ちさせることが可能となります。

給水管の場合は メイン配管と枝管が建物壁や床内に埋め込んだままの状態で建物内に巡っており、
通常の使用状況で使用者が目視確認できる給水配管はほとんど無い状況です。
このため、配管替えでの改修工事の場合天井を落としたり、床をはつったりする必要が発生し、工事が大規模化していきます。
問題が大きくなると(腐食による漏水事故多発など)配管替えしか対処方法が無くなります。早期の配管調査と対策立案が必要です。
管更生工事での対処範囲を増やすことで工事の小規模化がはかれます。

給水管内錆1
給水管内錆2
管更生ページ