冷温水配管ライニング工事前の現状状況と管更生工事の薦め

サイトマップへ移動
冷温水管(SGP管)の管内面状況の写真

既存のSGP管肉厚としては良好な状況ではあるが管内面全面に錆が発生している。
しかし、配管新替えするにはもったいなく、まだ使える配管だ。
または、この物件は、ファンコイルや空調機等の機械類は新替えを最近しているが、配管設備だけは手を付けず取り残された状況である。
で配管替えを検討しているならば管更生(配管ライニング)をお薦め致します。
(サビの状況)
写真にあるような配管内の錆は、錆こぶ状のものと粉状のものとがあり、錆こぶ状のものの下部は部分的な侵食が進行しつつある状況。
粉状の錆は、水中に漬けて擦ると簡単に赤水となる。
この錆付きは、
冷温水配管面全体に及んでおり、ファンコイルユニット内の熱交換用配管や、各空調機内でも同様な状態と考えられる。
冷温水管内に流れる流体により冷温水配管系統隅々まで錆が運ばれ時間と共に、冷暖房能力の低下が進んでいると思われる。
錆こぶにおいても、時間と共に巨大化すると共に、錆下部に接触した配管を選択的に腐食させ管肉厚を薄くし、将来穴をあける事となる。
同じ系統のエルボが最近。既に漏水事故を起している現状である。
冷温水管内面錆び冷温水配管内面さび冷温水管腐食状況

冷温水管の枝管とファンコイル廻り管内の現状写真です。
配管内は細かな錆びが発生しています。

冷温水管枝管さび

冷温水管内現状
冷温水枝管さび

管内錆取り後状況
ファンコイル枝管端写真

ファンコイル枝管外観
ファンコイル枝管内面
ファンコイル枝管管端部分
使用休止配管の閉塞写真
下の写真状況の配管状態でも、配管リフレッシュにより生き返る。

冷温水閉塞 冷温水閉塞2
まだほとんどの管の肉厚が良好な状況の中、パイプ新替えの検討よりも、管内面ライニングの管更生をお薦めする。
サンドジェット工法及びピグ工法等で施工。
冷温水配管の管更生は、
管内面をエポキシ樹脂でライニング加工するもので、耐熱ライニング材を使用した瞬間耐熱温度が98℃(沸点)のものを使用する。
のでボイラー廻りの80℃ラインの短管ライニングにも有効な方法である。
トップページへ