既存老朽化した冷却水配管の管更生工事(プラント、一般工場、機械配管、冷暖房配管、病院等)

サイトマップへ移動
株式会社川崎(ライニングサービス部門)
各種ライニングサービスを実施中です。ライニングに関する様々な問い合わせを受けつけます。
株式会社川崎ロゴ 冷却水の管更生(パイプライニング)
KAWASAKI Co.,LTD

冷却水配管に使用される管材として、白ガス管、ステンレス鋼管、塩ビライニング鋼管等である。
冷却水配管は、冷房設備や機器等冷却に使用し、クリーングタワーや、冷却水再生装置等に接続され循環して冷却水を再生している。
この冷却水再生方式に使用される設備配管の老朽化がする事が問題になっている。

白ガス管は錆びによる流量低下 赤水問題が生じるし、塩ビライニング鋼管 でも配管継手の施工状況によっては端部に錆びが発生する。
ステンレス鋼管 においては、周辺機器の影響や迷走電流、異種金属接続等を含む電気的腐食が発生する場合がある。
この頃、ステンレス鋼管の電食による漏水事故回避のため対策としての、ステンレス配管に対してのライニング工事(管更生、配管ライニング)の問い合わせが多い。
ステンレス鋼管は錆びないのではなく、腐食スピードが他の管材よりも著しく遅いのであって、完全無欠の材料と思わない方が良いと思う。

従って数年で、電食によって漏水事故が生じてメーカに責任を追及することは、ちょっと待った方がいいと思われる。
設置条件や、設置方法、使用条件(流速、流体成分、流体温度)、配管材料接続時期、材料本体のムラ、設置後の材料に対する応力、温度変化によるストレス、 メンテナンスの不備(ごみやスケール隙間腐食等)があり、腐食の原因は様々な要因が絡み合って発生している場合が多いので
原因究明は骨が折れることになることは想像がつく。
ライニング工事はライニング層によって、腐食要因から環境遮断するので、大部分の腐食要因を遮断することに貢献することが十分期待できる。
このことが、防食工事にライニング工事がよく使用される要因と思う。
※ライニング層の安定を十分図るために配管クリーニングを念入りに実施する必要がある。
このことは、ステンレス鋼管だけではなく、銅管、塩ビライニング鋼管、塩ビ配管、ガス管、鋳鉄管等にも言えることである。

圧力容器内の配管ライニングについても、お問い合わせください。
使用流体名、温度、使用圧力及び機器図面等があれば見積可能です。
施工場所は、現場でのライニング工事出張作業と、弊社工場持ち込みによる作業が可能です。
熱交換器内の配管等は熱交換効率の低下になる可能性があるので、発注の際には製造メーカに相談が必要です。

配管内面ライニングの施工方法は下のリストにある、サンドジェット工法ピグ工法(PIGGING)を参照ください。
((管更生内LINK))
●管更生工事表紙 ●管更生工事範囲 ●サンドジェット工法
●ピグ工法 ●銅管等管更生工事 ●排水管更生工事
●埋設配管更生工事

お問い合わせ トップページ
管更生工事  管更生工事概要  配管調査業務  漏水調査業務  その他工事 トップページ