株式会社川崎

ポリエチレンシートライニング
新設等のコンクリート水槽の場合、コンクリート打設時の型枠に写真のアンカー足付ポリエチレンシート
を型枠に仮付けし、コンクリートを打設することで、型枠撤去後、ポリエチレンシート防水層が形成されるものです。
写真の凸凹面はコンクリートにかみこみます。
この型枠型ライニング工法は全面にアンカーが設置されているので剥離の問題は最小限になる、継目は溶着と接着方法により接続。
ライニング工事ページへ