赤水問題に対する赤水対策(給水管、給湯管)

株式会社川崎
株式会社川崎ロゴ 飲料不適に注意

赤水対策 水道蛇口から出る水は安全ですか?確認しましたか?

もしかしたら・・・飲料不適な水を飲料水として飲んでいませんか?
感覚的にも何か変だ。(水の色が 赤っぽい水量が減少 したような気がする。匂いがする)
などの状況を感じた場合は、 飲料不適 になっています。


赤錆状況赤水
左の写真は、台所水栓の端末網を外した所、網内側に錆が溜まっている状態です。右側写真は手洗い蛇口からの赤水状況です。

上記の写真は塩ビライニング鋼管で布設した給水管蛇口から出た赤水と錆です。
この状態であれば、使用者も異変を給水管に感じますが、いきなりにはこの症状は出ず、薄い黄色い水とか、黒い砂のようなものが2、3粒出てくるような 初期症状が現れます。気になる症状が現れたらご連絡ください。

とは言え、
通常、使用者は給水管に問題があるとは考えず安心して使用しています。
気付かないことが大半だと思われます。
赤水として目に見えなくても、水質検査を実施すると飲料不適が出るかもしれません。 簡易的にご自分で調べる場合は、朝一番の誰も使用していない状態での水質検査を実施してみてください。
しかし、実際の配管系統の状況を確認するには、配管調査 業務を実施する事をお薦め致します。
調査業務については右をクリック下さい。配管調査業務へ移動


配管替え改修工事を実施した物件においても、赤水問題を抱えた物件が発生しています。
施設が大きくなると配管替えを実施する場合、どうしても既存配管を部分的に残してしまいます。
その為、引渡し時にちょうど赤水が出て問題となります。
改修工事にて塩ビライニング鋼管等を使用する為、部分的に既存管SGPが残っていると、
ストレートに赤水が蛇口から出ます。
不安な箇所は管更生工事で対応することをお薦め致します。
赤水対策は色々な手法がありますが、
管更生工事の良いところのひとつとしては、配管内錆を物理的に除去する為の配管クリーニングを実施し、
その後、液状のエポキシ樹脂を配管内面に配管ライニングすることで継手等を接続したままで根こそぎライニングします。
今後、配管接続部分から(錆による赤水)が発生したり、漏水が生じたりしにくい加工が可能です。

トップページへ