配管改修に伴う不明配管を無くし配管設備を把握する。

株式会社川崎ロゴ メクラ配管を無くしましょう
不明配管の調査(配管調査業務)

赤水が止まらない。水が臭いにおいがする

長年使用している建物で、改修工事を実施したにも関わらず、給水管からリフレッシュした後も赤水が止まらない。
どうしても理由が分からないため調査依頼があった。
古い物件のため、度重なる配管改修や施工業者の変更により、統一性を失った管材料や配管系統区分けにより、
メクラ配管が(出口の無い配管に水が留まり水が腐っていく可能性が生じる)確認できた。
原因は、過去の業者が埋設配管部分の位置が分からないため、見つかった配管系統に分岐を適当なところで取り配管設置し、
その後再度他の業者が改修工事に入り、設置配管を撤去せず配管を切り飛ばしてプラグを打って放置。
図面にはこれらの配管は存在しないことになっていた。
しかし、こんな事はよくある事なので、信頼出来る業者に、メンテナンスしてもらうのが一番安全なのだが。。。。

配管撤去を確実にする

建物内のレイアウト変更に伴う衛生器具撤去においては、メイン管で配管縁切りを実施し、プラグ止めとし、
衛生器具増設時においても客先使用状況等を確認して系統毎に追加する事をお薦め致します。

計装品、バルブ、フレキシブル継手等水漏れ要因箇所の表示

図面に無い仕切弁が現場に存在し、現場においてもヨクヨク調べて判明するようでは、以後の改修工事においてマイナス要因です。
施工図は、十分CHECKして記載漏れが無いようにすると同時に、仕切弁にはタグを付けて点検口等の設置を行うことも必要と考えます。
特に改修工事後、赤水問題が発生において弊社に管更生工事の依頼があるのは、
この点による影響が原因の場合もあります。

施工業者や技術者からのアドバイス

度重なる改修工事が必要な建物については、基本的に持ち主(管理者)が建築当時から十分把握しておく必要があります。
しかし、建築に携わった人でなければなかなか難しい問題です。
そこで、永い付合いが出来る信頼できるパートナーを作ることが必要です。

管理者にも施工会社にも対等な立場でお金に関係無く、アドバイスをもらえる技術者を作りましょう!
天井裏プラグ止め配管
コア抜きもされていない箇所に配管設置。将来用とも思えない
天井裏プラグ止め配管2
配管撤去するならば配管もどいてプラグを打ちましょう
株式会社川崎トップページ