給湯管更生工事
英文ページへ

給湯配管の更生工事について


給湯管SGP塩ビライニング鋼管塩ビ配管等で布設されています。
場合によってはステンレス鋼管を使用している場合もありますが、
どの管材料を使用してもなかなか安心できる領域には到達出来ない状況だと思われます。
配管布設状況によって、不向きな状況に置かれる場合があるからです。

【SGP管】(赤水・漏水・流量低下問題)
SGPの場合腐蝕防止のため給水用は亜鉛をコートしています。それをそのまま、給湯に使用した場合、
60℃から温度が上がっていくにつれて鉄と亜鉛の極性が変わり、鉄が先ず腐蝕するようになります。
場合によっては、赤水問題より漏水問題が先に出ることがあります。
錆が発生しやすいので、配管内面全面に錆が付着成長していきます。

【塩ビライニング鋼管】(接続部分の赤水・漏水問題)
直管部分は使用年数がある程度経過しても良好な状況を保ちますが、
施工上、接続部分から錆が発生して赤水や漏水問題に発展します。
また、ボイラー廻りには温度条件上使用上不向きな場合があります。
また、配管管端のライニング層が剥がれる事故が生じ配管内が閉塞されたり、ライニング槽の下でアミンによる腐蝕が進行したりすることがあります。


【塩ビ配管】(漏水問題対策が必要)
お湯を通すと配管が膨張(伸びるので)するので、応力を逃がす工夫が必要となります。
良く温泉や浴室のコンクリート埋設部分に塩ビ配管を布設すると面白いようにエルボー部分に割れが生じ、
漏水問題が発生します。
また、接続用塩ビのりを良好な状態で使用していないと継手が熱と配管の伸縮等の影響により抜ける可能性があります。


【ステンレス配管】
(漏水問題)取りあえず高級材料である ステンレス鋼管は、通常の使用状況においては、 著しく腐食進行が遅いので長持ちするように見えますが、
使用状況が悪いと銅管と同じようにピンホールを生じ漏水事故が多量に発生することがあります。
特に給湯配管には気を付けて使用しなければいけません。

これら問題が生じた場合は部分的に配管を替えるしか方法がないと思われます。
しかし、最後の手段として、配管内面をライニングすることで大きな要因を回避することが可能と考えます。
環境遮断層のライニング層を配管内面に施すことで、
腐蝕を防ぐと共に、仮に外部から幾つか腐蝕で肉厚が薄くなっても、配管自体からの漏水をライニング層が防ぐ役目を担います。
この方法は、配管更生工事といい。
サンドジェット工法とピグ工法
があります。

詳しくは配管更生工事のページをご参照下さい。
お問い合わせページへ トップページへ