管更生の株式会社川崎

(ライニングサービス部門)
株式会社川崎ロゴ サンドジェット工法(管更生)
英文
主な工法として 「サンドジェット工法」 「ピグ工法」 を使用。以下簡単に工法説明を致します。
各種詳しい説明はお気軽にお問い合わせ下さい。

区分けライン
管内錆状況管内腐食状況
配管内錆の下は、腐食によって配管が侵食されています。赤水だけの問題ではありません。

「サンドジェット工法」でのライニングサービス

Sand Jet について
このライニング工法(管更生)は、配管径が13ミリから100ミリ程度までで、分岐(継手)の多い場合に良く使用。
配管を系統毎に切断し、配管の入り口・出口をつくり、圧縮空気を一方向に送り水抜き乾燥させ、配管内が十分乾燥した所で圧縮空気に研磨材を混入して配管内に送る。
それにより十分研磨クリーニングが出来た後、エポキシ樹脂を圧縮空気で圧送し配管内面をライニング加工するものです。
配管系統内に分岐や曲がりが存在しても良好なライニングサービスを実施
但し、バルブやフレキシブル継手類などの駆動系は事前に撤去が必要です。
駆動系が配管上にあるままで管更生(ライニング)をかけた場合、エポキシ樹脂が硬化後、固まった樹脂によって駆動部分が固定され動かなくなってしまいます。

サンドジェットは名前の通り、サンド(砂)を使用してクリーニングします。
ジェットは、圧力を加えて吹き出す様を表現しています。
加圧式にて砂等の研磨材を管内に送りその流れ(ストリーム)によってクリーニング及びライニングをします。
このサンドジェット工法は給水配管のみならず、給湯配管や冷温水管のライニングに最適です。
以前より給水配管の更生の需要は多く。赤水等の水質上の問題で仕事になりやすいことで脚光を浴びました。
それ以外の管種(給湯、冷温水等)もライニングも施工しています。
給湯配管用のライニング樹脂は耐熱瞬間温度が沸点までありますので、通常の給湯配管ライニングに良好なので是非。
耐熱エポキシ樹脂を使用した管更生を計画下さい。
また、ステンレス配管や銅管の管更生も実施。銅管やステンレスには管内ライニングが不可能と思われがちですが、弊社ではライニング工事を実施 しております。
電食(防食のため)問題や配管内クリーニングについても検討下さい。

給湯配管の赤水・流量低下・レジオネラ菌対策に検討下さい。
また、機械室内配管、特にボイラー廻りは温水も高温となり、通常ライニング鋼管は使用せず、銅配管やSGP配管が使用されてきました。
弊社では、給湯用ライニング材を使用することで、大気中98℃程度の耐熱ライニングをパイプ内面にライニング。機械室プレハブライニング配管にも使用下さい。

更生前現状更生クリーニング後 更生ライニング後
特に学校官公庁庁舎事務所マンション埋設給水本管等の給水管・給湯管・冷温水管・消火管の施工。
塩ビライニング鋼管の赤水や漏水対策として、配管ライニングを実施し、既存配管のリフレッシュをい薦め致します。

塩ビライニング鋼管といって安心していても、接続部分が問題を起す場合があります。
配管内をライニング工事すれば、接続部分ごと丸ごとライニングするので 塩ビライニング鋼管の様々な発生問題を封じ込めることに効果があります。
管更生は、配管内クリーニング配管内ライニングの両方を実施する事を言います。
配管クリーニングのみですと鋼管を使用している場合は再び配管腐食が進み錆等が発生することとなります。
また管内ライニングだけ実施することは無く、必ず下地処理(管内クリーニング)が生じます。
管内ライニング材は、通常飲料用に係る配管は全てエポキシ樹脂を使用してライニング工事を実施致します。
その他の用途に使用の場合は、使用条件や流体状況等の要因のなかで良好な結果を生むライニング材を設計して現場でライニングを施します。

弊社で使用する樹脂は全て数日前に現場の条件に照らし合わせて必要な量を配合して使用しております。
この事は、現場は一様なものではなくその都度条件が違う為、標準と言う考えで樹脂設計することは危険だからです。
従いまして、事前の現場調査やヒアリングは重要であるため、国内外問わず、技術者を派遣
して、状況把握に努めております。
お客様におかれましても、弊社技術者の現場訪問を前提にお考え頂ければと思います。

概算予算算定の為の(仮)見積等であれば、図面や写真を送付頂ければ数日後には作成させて頂きます。
施工地域:北海道から東京、九州、四国、中国、沖縄等、国内施工実施。
配管洗浄工事で、現在の小口径給水管洗浄は様々な企業が小型洗浄機を用いて洗浄工事を実施しています。
しかし、マンションの各戸程度であれば可能であっても、配管サイズと配管延長が大きくなるとボリューム上、洗浄効果的に厳しく なってきます。そんな時、大型機材使用にて対処いたします。
最近では、給湯管のメンテナンスということで、給湯管洗浄工事が増加しております。

樹脂の耐蝕性)耐薬品性試験
飲料用配管に使用する、エポキシ樹脂の場合下記の濃度で良好な結果。
(例)
海水(良)水道水(良)トルエン(良)動植物油(良)石油類(良)塩素溶液(良)殆どの塩基(良)
水酸化カルシウム(良)苛性ソーダ(良)ホルムアルデヒド(良)乳酸(良)次亜塩素酸(良)
燐酸80(良)クエン酸70(良)硫酸50(良)
通常飲料水に含まれない薬品に対しても、エポキシ樹脂として耐蝕性があります、記入外の薬品は必要性が無いと 思われるので表示しておりません。
区分けライン
!配管調査業務等のページへ展開します。
(管更生内LINK)
更生範囲
銅管更生工事
排水管更生工事
大口径管更生
埋設配管更生工事
【管更生】  【管更生概要】  【主な営業品目】 【トップページ】 
ホームページマップへ移動
更生工事工法 お問合せページ 更生次のページ
KAWASAKI CO.,LTD