給湯塩ビ配管の漏水対策について

サイトマップへ移動
株式会社川崎(ライニングサービス部門)
株式会社川崎ロゴ 給湯塩ビ配管HTVPの漏水対策
給湯塩ビ配管HTVPシンダー内漏れ状況

浴室コンクリート埋め込み配管漏水により下階に漏水
下から斫っても漏水箇所不明、HTVPも外面が白く汚れた状態


床転ばし配管、シンダー内配管、埋設配管等塩ビ配管HTVPを設置した場合、
応力が配管に掛かったり、塩ビの糊が劣化したりして、漏水する場合があります。
配管が大きく割れて漏水している場合は、配管替えとなりますが、
ポトポト滴り落ちる程度であれば、
バケツ等で受けて様子をみている施設があると思います。

漏水量が段々増えたり、漏水箇所が増えてくると、放置するのも許容範囲を超え、対策が必要となると思います。

塩ビ配管銅管ステンレス配管の漏れ問題は意外と多く、
問い合わせがあり、現場調査するのは全国的となっております。

特に、大型浴室の場合は、 給湯配管をコンクリートに巻いた状態で立ち上げ混合水栓を付けている場合が多く、
既存配管漏水箇所を直す為に配管替えを行うとなると、
タイルの補修まで含めると、相当長い工期が必要となり、その間営業出来ないという事になります。
また、
配管を直しても再度同じ箇所が漏水を生じる可能性もあります。

以前より客先より相談を受け、給湯銅管ピンホールライニングを実施してきた経験上、
給湯塩ビ配管にも対応可能ということで
長年給湯塩ビ配管漏水対策内面エポキシライニングを実施してきました。

この方法は「サンドジェット工法を主に利用し、施工致します。
圧縮空気で配管内にエポキシ樹脂を送り、内面ライニングを実施しますので、曲りや分岐があってもライニング可能です。
混合水栓を外し、各仕切弁を外して、その間をライニングする形となります。
配管内面のみの施工なので、タイルをはつったり、壁を撤去する建築的工事が断然減り、

場合によっては1日で施工を終了し、翌日朝には通水し、使用できる場合もあります。
特にスーパー銭湯のような場合は、
月に1日の休みしかない場合が多いので、一度ライニング工事を試してみては如何でしょうか?

((管更生内LINK))
●配管更生工事表紙 ●配管更生工事範囲 ●ピグ工法 ●埋設配管更生工事

お問い合わせ インフォメーション 次のページ
トップページ