塩ビライニング鋼管に使用した仕切弁(バルブ)内のねじ部腐食状況(錆び)について

川崎ロゴ コア無し仕切弁と塩ビライニング鋼管の接続部分状況
配管内面調査は定期的に実施することをお薦め致します。
塩ビライニング鋼管を青銅バルブねじ込み接続する場合。 コア付バルブを使用していない場合の現状写真です。
配管内面錆び付着状況
バルブ(弁)接続部分 に腐食が発生し、さびが大きく成長し始めています。一番下段の写真は、ネジ部拡大写真ですが、大きい錆びの問題よりも接続 塩ビライニング鋼管 の塩ビ層と鋼管との隙間に錆びが発生し、塩ビライニング層を剥がしている状況です。
良く見ると写真右側配管部分は鋼管内面にライニング層がぴったり寄り添っていますが左側では剥がされています。
また、配管ネジ部先端においては錆びによる変色が生じ、強度が著しく低下している恐れを感じます。
配管を無理にバラスとネジ先端がバルブに取り残される状態と思われる。
この状況は赤水問題もありますが、水圧の状況や配管振動、外部応力がきっかけ で漏水問題が生じる事が想定されます。
配管端部の錆を取り配管の延命処置をする方法として管更生工事(配管ライニング)があります。
塩ビライニング鋼管で管端対策 が取れていない場合は、早目に配管調査を実施する ことをお薦め致します。
配管管端錆び状況
塩ビライニング工剥離状況
キッズ(KITZ)の回し者ではありませんが、良くコアコートを使用しております。
塩ビライニング鋼管を使用する場合は特にコアコート(コア付バルブ)を使用しましょう。
キッズKITZコアコート概観
キッズKITZコアコート接続部
お問い合わせ 株式会社川崎トップページ