株式会社川崎 本社営業部 営業技術課 問合せ先及び連絡先

株式会社川崎ライニングサービス部門
※URLが変更になっています。ブックマークを変更くださいませ!
株式会社川崎ライニングサービス 配管ライニング(管更生)その他ライニング工事の窓口
営業技術課ライニングサービス部門(重防蝕、重防食)ホームページへようこそ!
ホームページマップへ移動
配管更生配管ライニング) 及び各種重防蝕(防食)を実施。
営業技術課では、(ライニングサービス部門)ライニング(管更生)の現場 施工技術の更なる新技術開発のため 各専門技術グループを結成しております。今まで通りライニング工事以外の 各種新技術を お客様にお伝えすると同時に 技術開発の通常業務も実施中です。 お客様からのお問い合わせによる、こんな事できますか?の声から新しい発想が生まれることが多く、 大変有り難く思います。お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。 全国どこでもお伺い致します。管更生は、既存の管内面をクリーニングした後、配管内面ライニングを行う工法です。 工法名は、ピグ工法・サンドジェット工法が良く使用されます。管更生の良い所は、なるべく非破壊にて管内をリフレッシュすることで、低価格短期間施工にあります。 給水管や給湯管のみではなく、冷温水管、消火管、暖房配管等にも使用できます。
弊社へのお問い合わせ担当は
本社営業部 営業技術課
(ライニングサービス部門)
主任 の川崎知明
がさせていただきます。

本社住所:香川県高松市田村町890番地1
本社営業電話:087−865−1212
本社営業FAX:087ー866ー0022
メールアドレス:kawasaki@kawasaki-lining.co.jp

株式会社川崎問い合わせ注意 お問い合せ 左ボタンクリック! 川崎知明株式会社川崎QRコード
千代田化工建設株式会社においては、プラント設計及び現場監理を実施。
特にプロセスを管理する制御システムを担当。
株式会社川崎においては、各種ライニング、重防蝕工事の設計施工監理。
管更生(パイプライニング)配管ライニングの設計施工監理を実施し、
現在は配管老朽度調査、漏水調査、管路調査など
プラントから一般施設関係無く各種調査業務を実施。
(ライニングサービス部門:営業技術課より)
ライニングは、防食するため膜厚を十分確保した環境遮断樹脂膜を施工対象に対して施し、
対象物の機能を維持するための作業と言えます。
ライニングサービス部門は、当初よりライニングにおける専属のサービス部門として存在しており、
弊社の施工部と営業技術課の専門担当によって業務を実施しております。
弊社のサービス内容は客先ニーズより多様化(様々な用途への対策)が進んできましたが、
専門スタッフによる長期研究開発によって支えており、 今後とも、客先要望に十分対処出来るようノウハウの蓄積に勤めております。

個人取得資格
【コンサルタント関係】
●取得無し
【設計及び監理関係】
●取得無し

【科学技術関係】
●エックス線作業主任者
【施工管理関係】
●一級土木施工管理技士(監理)
●一級管工事施工管理技士(監理)
●一級建築施工管理技士(監理)
●二級電気工事施工管理技士
●給水装置工事主任技術者

【調査資格者関係】
●特定建築物調査資格者(旧:特殊建築物等調査員資格)
●建築設備検査員資格者(旧:建築設備検査員資格)

【作業主任者関係】
●特定化学物質等作業主任(石綿作業主任者含む)
●有機溶剤作業主任
●化学物質管理
●乾燥設備作業主任
●第二種酸素欠乏危険作業主任
●足場の組立て等作業主任者
●鉛作業主任者

【技能教育関係】
●ガス溶接技能
●アーク溶接技能
●玉掛け技能
●高所作業車運転
●列車見張り番
●小規模ボイラー取扱者
●小型移動式クレーン運転技能講習
●自由研削といし特別教育
●列車見張員等資格
●職長・安全衛生責任者教育(再)
執筆文(執筆者:川崎知明)
コンクリート槽ライニング工事 日本工業出版
塩ビ二重管新システム 日本工業出版
SJ工法・PIG工法管更生工事(ライニングサービス) 日本工業出版
埋設配管内湿潤状況での管更生工事(ライニングサービス) 日本工業出版
配管老朽度調査の心の準備 日本工業出版
大口径管更生工事について(ライニングサービス) 日本工業出版
レジオネラ菌問題発生後対策 日本工業出版
管更生工事特殊ライニング工事等についての様々な施工提案を実施中。
まだまだ身近でない、聞いたことナイと言う方は弊社ホームページを御覧下さい。
管更生の概要を感じていただけると思います。

管更生(サンドジェット工法ピグ工法
お問い合わせページ