シンダー内埋設給湯管内面ライニング(管更生工事)について

サイトマップへ移動
株式会社川崎(ライニングサービス部門)
株式会社川崎ロゴ 給湯管更生工事(配管ライニング)
給湯や冷温水配管は使用していると、電食や潰食等による漏水が 発生する場合があります。
最初は、小さな穴からの漏水でも時間と共に穴が大きくなり結局、断水して部分的な配管替えが必要となります。
事前に漏水個所が把握できればいいのですが、そういう訳には行かず、対応が後手に廻る場合が大半です。
既に銅管から漏水した個所は、取りあえず配管替えを実施して、
配管内面を耐熱用エポキシ樹脂にて内面ライニングを施せば、頻繁に漏水で頭を悩ますことは無くなります。

給湯管の漏水対策として、
配管ライニング管更生工事)をお薦め致します。
但し、通常の更生工事の要領では、パイプ内面に安定してライニング材は留まる事が出来ません。
また、給湯を流すと言う事となるとなおさらです。
弊社では使用樹脂の設計にみではなく施工方法(要領)に特別な実施方法を発見しました。
この要領で特殊ライニング材を使用することで、施工不可能な領域を施工可能な領域へと変えてきました。
浴室や機械室、貯蔵室床面のシンダー内配管の

漏水や赤水 青水対策
として管更生を使用する場合があります。
シンダー内配管を新替えを行う場合は、
床上に設置様々な機材や床材を一旦撤去する必要があります。
またシンダー内配管ルートが分からない場合特に難儀します。
非破壊調査を行ってから配管替えしないといけない場合もあります。
管更生においては、管内配管クリーニングとライニングをほとんど非破壊で行えるので
シンダー内配管の様々な問題解決を手っ取り早く対処する方法のひとつと言えます。


<<井水管クリーニング工事写真>>
施工前現状とクリーニング後
塩ビ配管クリーニング前塩ビ配管クリーニング後

((管更生内LINK))
●配管更生工事表紙 ●配管更生工事範囲 ●サンドジェット工法
●ピグ工法 ●排水管更生工事
●大口径管更生工事 ●埋設配管更生工事

お問い合わせ インフォメーション 次のページ
配管更生工事  配管管更生工事概要  配管調査業務  漏水調査業務  その他工事 トップページ